読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神様のイタズラ

安井くんの奴隷になりたいゴミ

【祝結成1周年】愛の音を奏でるLove-tuneさんへ!!!!!!!

 

 

 

拝啓 Love-tune

 

Love-tuneというユニットが4人から7人になった去年から早くも一年という月日が経ちましたね。この一年、皆様はどうやって過ごして来たのでしょうか?

 

 

 

クリエで突然メンバーをぶっこまれた初期メンと、ぶっこまされた追加メンはどんな気持ちでここまでやってきたのでしょう?

 

私はご本人様ではないのでわかりませんが、実りある一年であったのであれば幸せです。

 

 

 

 

 

 

 

はぎちゃんへ!!!!!!!

音楽について真剣に取り組んでくれてありがとうございます!!!!はぎちゃんってばぶうでほっぺた真っ赤でりんごみたいな子だと思ってたのにいつの間にか音楽監督としてバリバリに働いてて凄いなあって思いました。まじハギさんって感じ。
長妻くんにショルキー買ってっていうハギさん、買わせたあともちゃんと先生として教えてあげたりしてて「萩ちゃんがお兄ちゃん…?」って、私の中の安井くんが必要以上に目を泳がせました。去年みんなにテロテロによちよちされてた萩ちゃんはどこ…??あと美勇人さんに五弦ベース弾いてって言ったり丸山くんのベースレベルまで来てって煽ったり、さなぴにもなんか言ったの?その辺無知で申し訳ないけど(まじで申し訳ない)鬼教官ハギさん怖いなあって思わされる今日この頃です。でも優しいんだよね!美勇人くんのこと褒めてあげるんだもん!優しい!(笑)安井くんが他仕事でいないリハでは先陣切って仕切ったり、ハギさんどんどん大人になっていく寂しい〜〜〜〜萩谷慧悟さん(成人男性)かっこいい〜〜〜〜〜(号泣)
これからもLove-tuneの音楽隊長として頑張ってください。

 

 

 

 

 

 

さなぴーへ!!!!!!

さなぴーといえば演技ですよね。舞台経験も多くて主演もやったことあって。私はオーシャンズしか見たことないけど、ワイヤーがぐるぐる回っちゃった時に一言アドリブを言って会場を沸かせてた姿は素晴らしいなぁって思った印象がもうずっと残ってる!
しかし最近ちょぉかわいいさなぴー。素直で純粋なのかなって思ってます。さなぴーが可愛いことは風 is の時から知ってたんだけどね、ガティムティガディ。最近ますます可愛くて何か話すたびに「かわいい〜〜〜!!」って暴れ狂ってます。前髪がいつもナ〇キで素敵です。プーマになったら一回寝込むかもしれません(?)
長妻くんのお世話もしてる、おじいちゃん。はぎちゃんとすぐ喧嘩する、おじいちゃん。顕嵐くんの顔に憧れる、おじいちゃん。バスターミナルで美勇人さんを怒鳴る、これはお父さん。安井くんより年下だけど(現実)おじいちゃんみたいなさなぴーは実は熱くて素敵な人だってことをユニットが出来てから沢山知れて私は嬉しいです。「普段こういうこと言わないんですけど、」って言ってからMake itについての想いを語っていたさなぴーほど真田くんと呼びたくなる人はいませんでした!
これからもLove-tuneの演技派番長として頑張ってください!

 

 

 

 

 

 

 

 

美勇人さんへ!!!!!!!

お仕事お疲れ様です!!!!美勇人さんはグレ期が来るレベルでお忙しい方だということを重々承知しております。トラジャと掛け持ちということで、仕事量がみんなの倍で本当に大変だと思います。少クラの衣装替えがどんどん秒になってて森田美勇人三兄弟説を地味に信じていたりします。長男がLove-tune次男がTravisJapan、三男はどこで何をしている人なのかな?闇が深いですね。
Love-tuneの衣装を入念に考えてくれている人で、スタッフさんとあれやこれやワイワイ話しているという話をよくタレこまれているイメージがあります。ドリボ2015の時のオリ衣装も美勇人先生監修ですし、さすがおしゃれ番長が携わる衣装は毎度クオリティが高いなって、おしゃれに無知な私も感激しております!安井くんに毎度腰巻がついてるのが最強だよお!!!!(美勇人さんに関係あるのかは知らない)
これからもたくさん、Love-tuneらしい素敵な衣装を作ってください♡Myuto Morita先生!早くあのロゴマークのグッズが欲しいです先生!

 

 

 

 

 

顕嵐くんへ!!!!!!!!

最近喋ってる声をよく聞くようになって「あ、こんな喋り方する人なんだ…」って思うようになりました!なんかやっぱり安井担の私には有翔様のイメージが強くてお口が悪いイメージがあって!常にブチ切れてるみたいな!けどそれがどうだい現実!クッソ優しい口調でしょうもない話してスベってるやん!!!!(デリケート)素敵だなあって思います。本当はとても穏やかな人なんですね。美勇人さんに愛されながつを愛する、はぎちゃんと喧嘩してる人ですよね。わかります。あと遅刻が多い人。マイページなんだねえ(遠い目)
NWOとか言葉より大切なもので歌い出しを務めて、音が外れてる外れてない云々はいいとして(笑)堂々と歌っている姿はロックだなあと思います。少クラのファイアビこそその象徴みたいなところありますよね!あの風格。Love-tuneの顔って感じがします。トラジャを抜けてこっちを選んだ意志がどんなものなのか!これからもっと魅せてください!ロック!!!!

 

 

 

 

 

ながつへ!!!!!!!

いっつも面白くてくそツボです。なんて変な子なんだろうって思いながら、喋る度に笑わせていただいております。モロに電話して漫画買うか買わないかって聞いた話と黒髪を褒められたから黒髪を黒染めした話がダントツで好きです。黒髪に黒染めはハギさんもしたけど。
足が速くてバスケが上手くて、見た目はもう爆モテって感じで、それであの性格ならもうモテてモテて仕方ないんだろうなあって思います。足が速くてモテるのは小学生までだよ!を覆す人だよね。覆せないのはモロさん。(殺られる)
最近は空男とのエピソードが多くて、キーボードも本気で頑張ってるんだなあ…!って感心してます!真面目というか、いい子なんでしょうね。鬼教官ハギさんにたくさん習って、いつか激ムズなクラシックとか、弾き語りとかも挑戦してみて欲しいな。なんか恋を知らない君へのながつ見たら一昨年ギターの弾き語りして披露したはぎちゃん思い出したよ〜!末っ子はぎちゃんに弟ができたみたい!!二代目愛され末っ子ということに誇りを持って(?)高みを目指して頑張ってください!!!!!

 

 

 

 

 

 

モロへ!!!!!!!

私はモロがらぶに入ってくれて超嬉しい!!!安井くんが「ユニットを組む時はいて欲しい人」って言ったくらいだから本気で嬉しい!!!!!!!!!!去年今年とモロササイズを引き続きできたことにも喜びを感じています!モロさんが天界の人だったなんて知らなかった!
モロはみんなに心配されるくらい空気を読む人だけど、モロにとってLove-tuneというグループが腹を割ってなんでも話せるような存在になるといいなっていつも思ってます。モロはサックスも吹くようになったし!まじタンバリンからサックスへの楽器変更はかっこよすぎるって!!!ずるいわあ!!!!ダンスも上手いしアクロバットも出来るし、あと個人的に歌めっちゃ上手いと思ってるよ!さすがサウンドクリエ経験者だね!!!ハイスペックでオールマイティ!!!最強イケメンやん!!!さすが私のリア恋枠!!!!!
モロが安井くんのことを「謙ちゃん」って呼ぶようになった世界に感動しています。安井くんのことを安井くんとしか呼べないとビビっていたモロが…!ううっ(泣)って安井くんの話ばっかりしちゃったけど、モロはこれからもモロらしく頑張って!ニヤニヤしろ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安井くんへ!!!!!!!

安井くんはLove-tuneが大好きなようで、心から安井くんにユニットが出来て良かったって思っています。安井くんにとっては初めてのユニットですが、その居心地と帰ってくる場所があるという感覚、安井くんはどう思っているかな。
安井くんにユニットというものが出来てからは前向きな言葉を聞く機会が増えたなって思ってます。もっと頑張るとか、ついてこいとか、そんな普通のことでも聞けるだけで私は幸せです。もっと応援しようって思うしついて行きたいと思わせてくれるので、最近は本当に安井くんのファンをやっているだけで楽しいです。
メンバーのことを考えているところ、メンバーのことをしっかりと見ているところ、最年長としてみんなをまとめているところ、さすがです!!!
安井くんのおかげでLove-tuneというグループに出会うことができました。Love-tuneというグループのおかげで安井くんのことを更に好きになることが出来ました。
安井くんと輝かしい未来を見に行きたいです。いつか銀テープを降らせてくれるという約束、次はLove-tuneの単独コンサートで果たしてほしいです。安井くんとLove-tuneならきっとできると信じています。これからもどこまでもついて行くので、どこまでも連れて行ってください!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

去年の私へ。

5/21というクリエの日、お店の中ということも関係なくぼろぼろと泣いて涙が止まらなかったということがありましたね。その理由は、自担にとっての初めてのグループが壊されたと思ったからでした。
翌日のクリエのチケットを持っていましたが「行きたくない」を連呼して、渋々向かった公演ではずっと真顔で、お通夜状態でした。何がそんなに気に食わなかったのでしょう?貴重なクリエに入れて、私の大好きなモロササイズがあり、エタマイもブラホワもかっこよくて最高だったのに、なんで公演後の私は「もう応援なんか出来る気がしない」と言っていたのでしょう?

正直、最初は7人のLove-tuneが苦手でした。

なんだろうな、オリジナルの衣装を着なくなったことがかなりショックで、なんで途中からいきなり来た人たちのため遠慮しなきゃならないの?って、そんな気持ちでいっぱいで。捻くれ者なので、元いたメンバーが後ろに下げられることや見せ場が減ることに嫌悪感を抱いていたんだと思います。
そして更に私が見に来たものを見れたという感覚がなかったのだと思います。初日のレポで見たソロやユニット曲が見たかったなあって、それも込みで作り上げられたLove-tuneというユニットのコンサートが見たかったなあって思ってたのに、この7人はなんていう集団なのだろう?この7人で夜な夜なLINEで会議して作ってたの?その結果がこれなの?違うでしょ、って。
私はLove-tuneの公演に来たのになって。

そんなことばかり考えていました。

 

 

 

 
でも一年後、そんなことも考えないで済むくらい
私はLove-tuneのことが好きになります。

 

今年のLove-tuneクリエは誰のソロもございません。みんなで作ることを意識しているような構成になっております。それはとても楽しくて、Love-tuneというグループに圧倒されることばかりです。かっこよさ、可愛さを兼ね備え、「魅せるクリエ」と決めたテーマの通りに美しく魅せてくれたパフォーマンスの素晴らしさなど、全てが最高のユニットです。好きにならざるを得ません。そしてモロにLove-tuneをもっとも〜っと好きにな〜る魔法をかけられます。今、涙を流して暫く苦手意識を持っていた私はLove-tuneが大好きになっています。なのでどうか、これからの未来をLove-tuneと一緒に見ていきましょう。

 

 

 

 

 

Love-tune結成1周年おめでとうございます!

 

 

 

 

単独EXシアター!激アツなことはもう既に目に見えているので楽しみにしてます!8月の全てLove-tuneにあげます!

 

 

 

敬具

Love-tuneクリエ歌割り(個人用)

 

 

Love-tuneクリエ2017歌割り記録です。

 

個人用です。合ってる気がしないです。

あまり参考にしないでください(笑)

 

※一部修正済み

 

 

☆Keep the faith(合ってる気がしない)

(顕嵐諸星)
わがまま言ってたけど ここなら You know, baby
居場所があったし
(真田森田長妻)
「信じること」 口で言えても 傷つくから
(萩谷安井)
小さな声で 優しさ探し歩き
疲れた羽で しゃがみこんでいる
(全員)
No! No! No! You show me the faith
必ず I'll keep it for you
一人じゃ 明日見失うから
派手に叫ぶのさ Keep the faith
敵無し 不可能も無し
とばすぜ 燃え上がれ本能
つまらねぇ 毎日抜け出すぜ
固い約束さ Keep the faith

 

 

 

 

 

☆MOON(合ってる気がしない)

ハモリ☆=上、★=下

(安井)
月夜の夢 碧に染まる 想い出たち 叶わぬ恋と 知ってた
(顕嵐)
いつからだろ 掛け違えた気持ち二つ
まだ間に合う?なんてね
(森田☆真田★)
浅き夢 覚めないで 甘い瞳で 愛撫して
(諸星☆長妻★)
そっと WHEN I FEEL YOU
WHEN I LOVE YOU
(全員)
一夜限りの 月の光 全て脱ぎ捨てて 羽ばたく蝶になる
生まれ変わっても 抱きしめてね 同じ優しさで 私を愛して
SO PLEASE
(安井)
UNDER THE MOONLIGHT
(真田森田諸星)?
輝いた 遙かな記憶を
(安井☆顕嵐★長妻)?
呼び覚まして 進むよ
(真田森田諸星)?
でも 何げない 小さなことばかり
(安井☆顕嵐★長妻)?
消えない 消せない
(萩谷)
一夜限りの 月の光 全て脱ぎ捨てて 羽ばたく蝶になる
(全員)
生まれ変わっても 抱きしめてね 同じ優しさで 私を愛して
一夜限りの 月の光 全て脱ぎ捨てて 散りゆく華になる
生まれ変わっても 抱きしめてね 夢の中でいいよ 私を愛して
SO PLEASE

 

 

 

☆PSYCHO

(真田)
PSYCHO
(安井)
Get ready to rumble
(真田)
Now are you ready Now are you ready Now are you ready
(長妻)
Now are you ready Now are you ready Now are you ready
(全員)
Get Get Get Get
(森田)
Let's get Saikou しょっぱなからHard Core
扉はすでに開けてあるぜ Follow me Follow me
Dancing 絶倫 見せてみなその片鱗
命取りなShameはいらないこのゲーム

(真田諸星)
狂ってるくらいが今はちょうどいい
(萩谷)
脳内再生 快楽をReplay
心躍るMelody 一心不乱にCrazy Crazy
(安井顕嵐)
高ぶるHeart Beat
Tonight we going High
(全員)
We going Saikou Saikou Saikou
叫べ 最高 最高 最高
Come on and take my hand 踊り明かそう
Tonight we going High
トビハネロ
To the East, To the West
To the North, To the South
Everybody going wild
トビハネロ
To the Right, To the Left
To the Front, To the Back
Everybody 騒ごう
Everybody dance
(真田)
誰しもが秘めた野獣 いい子のフリしちゃNo No No
(長妻)
解き放てばすぐわかる 快楽に身を任せて
(全員)
PSYCHO 最高
(顕嵐)
ワガママに自分を愛して
(全員)
PSYCHO 最高
(安井)
騒ぎたいだけ
(全員)
We going Saikou Saikou Saikou
叫べ 最高 最高 最高
Come on and take my hand 踊り明かそう
Tonight we going High

(Na na na na...) PSYCHO (Na na na na...) PSYCHO
(Na na na na...) 最高 (Na na na na...) 最高

 

 

 

☆SHE HER HER

She! Her! Her! She! Her! Her! She! Her! Her!
She! Her! Her! She! Her! Her! She! Her! Her!
(Kissをしよう)
(安井)
世界が変わる Kiss Kiss Kiss(駆け抜ける)
(顕嵐)
そのくちびるの Flavor of Love(果てしない)
(萩谷)
Sweet Love(Your World)恋が舞い上がってく
(全員)
Kiss you! Kiss me! Yeah Yeah Yeah! Kiss you!
(萩谷)
I Don't Care 世界中を 敵に回すほどの
甘く(濡れた)熱い(刺激)Kissに抱かれていたい
(Wow Wow Wow)
(顕嵐)
恋が漏らした(Wow Wow Wow)
(安井)
ため息全て(Wow Wow Wow)
(森田)
吐息に変える(Wow Wow Wow)
(全員)
Yeah, Baby Girl Let Me Try 解き放ってほらYes, Your Mind
That's Right もう迷わないで Just Like aまるで愛は
Male Femaleの永遠のFIight Don't Be Afraid
いつでもBe Alright 世界中Do It 止まんないKiss
She! Her! Her! She! Her! Her! She! Her! Her!
She! Her! Her! She! Her! Her! She! Her! Her!
She! Her! Her! She! Her! Her! She! Her! Her!
She! Her! Her! She! Her! Her! She! Her! Her!
(Kissをしよう)
(安井)
世界が変わる Kiss Kiss Kiss(駆け抜ける)
(顕嵐)
そのくちびるの Flavor of Love(果てしない)
(萩谷)
Sweet Love(Your World)恋が舞い上がってく
(全員)
(いつだって)始まりはそう Kiss Kiss Kiss
(変わらない)いつの時代も For Your Love
(君となら)With You(With Me)恋に堕ちて行ける
Kiss you! Kiss me! Yeah Yeah Yeah! Kiss you!

 

 

 

 

 

☆Otherside(合ってる気がしない)

(真田)
Just wanna feel こみ上げるCrazy
Just wanna be 迷わせないMaybe
(全員)
We are forever
C'mon people Just let's go
We go wherever
Whatever You know I don't know
(顕嵐)
Remember this 初めからDaylight
Together we 最後までJammin' tight
(全員)
We have come so far
C'mon people We're so high
We go wherever
Whatever C'mon no goodbyes

(Days)
(森田)
時にかっこまれて 熱に乗っ取られて
零に身を任せ(Say)
(安井)
時にRisky もSafe Dive 乗っていたWave
Thrill 感じてOK 切り開いて!
(全員)
Our way Go
You know how we race
You know our pace
Don't forget the chase
分け合う夢 引き上げろ またやろうぜ
(萩谷)
Hey Just stay Don't go away!
(萩谷安井)
Hey Today's another day!
(萩谷安井森田顕嵐)
Hey We say Don't be afraid!
Hey No way We never change!
(全員)
Hey Just stay Don't go away!
Hey Today's another day!
Hey We say Don't be afraid!
Hey No way We never change!
(全員)
You know how we race
You know our pace
Don't forget the chase
分け合う夢 引き上げろ またやろうぜ
You know who you are
Whether near or far
Like a shooting star
Othersideへ High Speedで まだ行こうぜ

 

 

 

 

 

☆Secret lover

(顕嵐)
離さない You're my Secret Lover
(顕嵐)
きらめく夜
(萩谷真田)
二人だけのサイン 誰にもバレないように 君を連れだそう
(顕嵐)
二人、目が合って
(萩谷真田)
静かにうなずいたら 今すぐに行こう
(顕嵐)
僕達だけの場所に
(萩谷)
Girl, 少し戸惑った顔もBeautiful
(真田)
このまんまで Stay with me
今夜もまた Make it real? (顕嵐)
(萩谷)
Oh, 人混みに紛れて Hold you close
(真田)
止められない Desire 君は僕のSecret Lover
(全員)
僕だけのSecret Lover 誰にも邪魔させない
(顕嵐)
今夜も君と 二人きり抜けだそう
(全員)
君だけがSecret Lover このまま抜け出せない
(萩谷)
甘い過ちを
(全員)
重ね合うよ Secret Lover
(森田)
わざとらしいくらい透き通った目で
(長妻)
見え透いた嘘も 信じさせてよ
(諸星)
まやかしの夢だとしても
(安井)
もう一度触れてみたい Oh…
(全員)
離さない You're my Secret Lover
忘れない You're my Secret Lover
離さない You're my Secret Lover
忘れない You're my…
(全員)
僕だけのSecret Lover 誰にも邪魔させない
(安井)
今夜も君と 二人きり抜けだそう
(全員)
君だけがSecret Lover このまま抜け出せない
(諸星)甘い過ちを
(全員)
重ね合うよ Secret Lover

そばにいてSecret Lover 誰にも許されない
(森田)
今夜も君と ぬくもりに溺れよう
(全員)
束の間のSecret Lover それでも抱きしめたい
(長妻)
罪だとしても
(全員)
求め合うよ Secret Lover

離さない You're my Secret Lover
忘れない You're my Secret Lover
離さない You're my Secret Lover
忘れない You're my Secret Lover

 

 

 

ハモリとコーラス?は安井くんφ(..)メモメモ

 

 

 

 

 

 

☆My love(細すぎて不安しかない)

(安井)
My love~
(全員)
Yeah~
(安井)
Wow~
(全員)
Oh yeah~
(安井)
いつからだったかな?君がこの胸の中にいる
それは生まれた時からのように以心伝心してる
(安井森田)
離れている時間も まるで話しているかのように
2人 2つのカラダだけど ひとつ Baby だったかも? Yeah
(真田)
ねぇ 君に出会って僕は
(萩谷)
本当の優しさを知った
(真田)
ねぇ 互いの弱ささえ
(諸星)
認め合い生きよう
(全員)
You are My love My love My love
(顕嵐)
愛してる
My love My love
(安井)
世界が変わっても
(全員)
My love
(森田)
「愛」
(全員)

My love
(萩谷)
愛する
(全員)

My love My love
(長妻)
永遠My Love
(安井)
未来の事は誰にもわからない だけど1つ
(諸星)
この愛だけは終らないとわかる 君に捧げよう
(全員)
Oh yeah~
(安井)
My love
(諸星)?
ねぇ 君に出会って僕は
(真田)
本当の寂しさを知った
(森田)?
ねぇ 互いに強がりは
(諸星)
もう止めて寄り添おう
(全員)
You are My love My love My love
(顕嵐)
愛してる
(全員)
My love My love
(安井)
あしたが来なくても
(全員)
My love
(森田)
「愛」
(全員)
My love
(森田)
「愛」
(全員)
My love
(萩谷)
愛する
(全員)
My love
(森田)
「愛」
(全員)
My love
(森田)
「愛」
(長妻)
永遠My Love
(全員)
Oh yeah~

 

 

追いつきませんでした!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

罪と夏とRevolutionは全体的にみんなで歌ってたのでまあよしとしよう。

 

 

 

とりあえずこれだけ。゚(゚^ω^゚)゚。

何か修正点あった声かけてください!

 

 

※個人用です。※

 

【祝生誕25th】ひとりの安井担が見て来た安井謙太郎24歳の366日

 
 
みんなやっほー。
 
ねえ、知ってる?
 
あの安井謙太郎くんが今日お誕生日なんだって。
 
 
あんな可愛い顔してもう25歳だって。
 
 
なあ、あのサンリオ顔の合法ショタ・安井謙太郎くんが今日で四半世紀生きたことになるんだって!!!!!
 
 
 
 
世の中つええ~~~~~~~~~!!!!!!
 
 
 
という訳で今年もこの日を安井担として迎えた。
お誕生日おめでとう自担。世界一愛してる(サイコパス)
 
 
なんだか本当に私ってばヘラヘラしながら安井くんを見る度に「へへ、安井くんマジ顔カワイイ」しか言ってなかった気がしなくもないけど、そんなヘラヘラ愚民が見て来たここ1年の安井くんズトピックスを独断と偏見で選んで適当にまとめておこうと思う。
 
 
 
題して
 
安井謙太郎24歳の366日】
 
いええええ~~~~~い!!!!!!
記事タイトルそのまんまやんという声は受け付けない
 
 
 
 
 
【7月~8月】
  • 24歳になる<7/21>
24回目のお誕生日を迎えた安井くんはこの日風 is a Doll?のリハをやっていたそう。そして誰ひとりとしてお誕生日おめでとうを言ってくれないまま1日が終わりかけていたそうで。「出たよこいつら」としょんぼりしながら帰ろうとしていた時、ちゃっかりケーキが登場。めっちゃ嬉しかったらしい。
ちなみに誕生日にマリウスからもらったタトゥーシールは風 is a Doll?のみんなで山分けされたという話もラブアンドピースフルと有名な話。
 
 
 
 
 
  • サマーステーション<7/23~8/16>
風 is ~のリハの翌々日には違う公演に立ってんだから24歳滑り出しからこれは自担ビジネスマンかよ惚れる案件である。初日怖かったな~バンク、2回も転んだな~!でも成功したなあ~~!多分あの公演だけでワイの寿命25年減ったと思う。
俺的サマステベスト大賞発表しとく?オッケーまずは、
 
第3位「俺、今日背高いだろ!」
7/23、7/29、7/30は発言してらっしゃいますね謙太郎さん。いやー、そこまで言われると逆に惨め。だから髙地くんとかには「今日高いね」と言ってもらえても神宮寺くんには「ローラーはいてるからじゃないっすかw」となめられてましたね。んー、ベリーキュート。ローラーでちょっと背が高くなっただけで喜べる24歳の可愛さエベレスト級。
 
第2位「はぎやす事件」
あの時何人のはぎやす厨が死んだんだろう?という話をこの前萩谷担としたら「とりあえずふたり、私とあなた」と言われたのでとりあえずふたり被害者がいる事だけは確認済みです。いやしかし…熱いな…あのハグは…あと「はぎちゃん大人になったよね」「ずっと見守ってくれてた」もな…お前ら、ここで何してるん。不意打ちは重罪やぞ。この日ははぎやすを更に好きになった18548631回目のはぎやす記念日と決めておこう。
 
そして1位!「チーム覇!上々!」
伝説のチーム覇。いや~~~好きだった~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!毎公演Summer上々!!でみやちかくんのこれを聞きながらはしりょちゃんとランデブーする安井くんを南無南無拝めて最高な時間だった。ってそれはもちろんそうなんだけど、この5人の友情と物語には盛大に笑って泣いて感動させていただいたわけだ。大技バンクを決める時の緊張感ったらないしでも慰め合う仲間思いな感じがマジプライスレスだし何より?!もう?!お前らまっっっじでかわいいのなんのって!!!!!!!!!???
かわいいが止まらなかった。そんな5人が大好きになった。またみんなでローラーしような。
 
熱い夏だった。喉を枯らすように声を出した。ガムシャラが終わってしまったことにより、もうこんなに自担にデシベルを捧げることはないだろうと思うと少し寂しいね。楽しかったなー。…って思ってたら来週からサマステ始まるね。楽しみ~~~~!ワッショイ
 
 
 
 
  • 風 is a Doll?<8/2〜8/5>
パンフレットの写真が出回るや否や「なんでやねーん」と嘆いたあの夏。スーパーファイター働きマンだった私には最終日8/5しか休みがなかったので、全神経全細胞を震わせながら血眼でスマホとにらめっこしてチケットを探していた記憶がある。ちなみにここにつく事にたいする喜び悲しみは皆無だったが、話は公演に入ってからだ、と公演前は譲り受けたチケットを握りしめて「なんで…なんでここついたん…?」とボソボソ呟きながら階段とエスカレーターを駆け下りたっけなあ…。ぶっちゃけた話をするが、ここの休みの日は本当に全力で寝ることしか考えてなかった。
そんな話はさておき、まあ入るまでは自分が仕事仲間として見れないと言ってた風磨くんのソロコンだよぉ?と不安に不安と不安しかなかったけどあれよどっこい幕開けワッショイ涙涙の男の友情に震えが止まらなかった。そんな私が俺的サマパラベスト大賞を紹介するぜ!
 
第3位「コント」
みんなが、ふうまくんのお友達のオテンキノリさんから頂いたコントを真面目にやり遂げた伝説。美容院にはたくさん笑わせて頂いた。あの伝説のアドリブ、キセキ信じましょーよ☆をやれば何でも乗り越えられる気がしてたところもあった。安井くんのコンビニコントはね…可愛かったよ…可愛かった…可愛かったんだからいいだろう?????多くを語らせんな(鼻ほじ)
 
第2位「ふまやすWONDER」
いやここ菊池風磨くんのソロコンなんすよ。菊池風磨くんのソロコンで、何故か自担がデュエットしてるんすよ!異空間。しかも赤西仁CrystalKayの曲ですよ、自担クリケイパートっすよ、まじ美人だったーあれ。まじ、まじ美人だったー。ほんとに、美人だったーーー。
 
第1位「お手紙」
安井くんの一発芸を見れなかったのは確かに辛いかもしれないけどそれをも覆してくる感動。男の友情。熱い!アツすぎるよ!涙なしでは越えられないよ!
風磨へ
これがラストの公演だね。寂しい気持ちもあるけど、このメンバーでやれて嬉しかった。リハーサルもなかなか集まれなくて大変だったね。風磨の家でもコントの練習沢山したよね。この4日間、友達としては勿論、仕事仲間として過ごせて嬉しかったよ。風磨にはこんなにも頼もしいファンの人たちがいるんだから、これからも自信持って正しく前を向いて突っ走ってください。俺らも負ける気ねーからな。
風 is a Doll?より

実際誰が書いたかなんてしらないけど、安井くんが「風磨へ」って言ったのだから、そうなのかもしれないね。安井くんが仕事仲間としては見れないと言っていた風磨くんと、仕事仲間としてこの時間を過ごせて心からよかったと思えた公演だった。バックにつけてくれて、声をかけてくれてありがとうございました!メンバー紹介の時、最後の安井くんと拳を握り合わせる瞬間が大好きです!ありがとー!風 is a Doll?は永遠だよー!

 
 
 
 
 
【9月】
  • DREAM BOYS<9/3~9/30>
まさかドリボに行くことになるとは。雨の日がやたら多くて萎えてたことは覚えてる。
と、ここでベストオブドリボ名シーンランキング~!
第3位「鉛の板」
安井くんが鉛の板をリカさんから受け取ってユウタ(ユウマ)のグローブから…!みたいなのを仕組むシーン。もうあれ、リカさんに「手掛かりなさすぎなんですよねー」って攻め寄るところからかっこいい!いやー怖い目してる!殺して!って叫んだのは私だけではないはず。からの受け取った時のニヤリ顔。殺して。そしてユウタのグローブにってなった時、みんなの焦り様をみたときのニヤリ顔。だから殺して。もうチョーかっこよかったし、本当に悪役が似合う人だなぁって。日によって演技の仕方も違うから毎日楽しかった。まあ出てくる感想は毎日「いいから殺して!」だったけど。
第2位「コント」
たまボの時のビューティフルデイズ後にだけあるコントね~!いやはや、宮田くん並びに千賀くんにはお世話になりました><毎回楽しかったです!個人的に見たかったのは恋仲・デスノート千穐楽のやつですかね。ここの三つはレポだけで死ぬほど笑ったので実際に見てたら死んでたんだと思います。で、自分が見た中で一番面白かったのはジャパネットかなぁ…ぶっちゃけあんまり面白い時に行かなかったみたいなとこはある(やめろ)けど安井くん、知らぬ間に芸達者になってるんすよ…!モノマネがお上手なの!小島よしおとか武勇伝でも思ったけど、ちゃんとテンポよく出来るんですよね…!安井くんの新しい一面を見れた貴重な1ヶ月弱でした。
第1位「TakeOver × FOREVER」
まじこれに尽きるよ。これはデキレース。今までのも相当なデキレースだけどこれはダントツのデキレース。私はあの初日に見たTake Over × FOREVERのかっこよさの衝撃を孫の代まで語り継ぐことと誓う。まずTake Overを歌うじゃん?その時点で「そう来たかーーーーー!」と思いながら場面のかっこよさを真顔で見てたの。そしたらいきなり楽器持ったさなぴとみゅでドンエバやるやん。What?なるやん。そしたら安井くんがドラムの裏から出てきて「いええええーーーーーーーーーーーーえええーーい」じゃん。いやどうした??ってなるじゃん。でも聞き覚えがある。はっ…!!風 is a Doll?で1度だけ披露した伝説のFOREVERじゃねえか…!!と思った時にはもう遅かった、Take OverとFOREVERが戦ってた。もう秒で殺された。命が欲しいやつが見るもんじゃねえ。私はそう思いながら、死ぬ気で帝劇へ、これだけを見るくらいの勢いで足を運んだっけ…かっこよかったなぁ…!!ナニコレ自分たちでリミックスしたん?天才かよ…!!の真相はわかってないけど、そうだとしたらもう這いつくばってでもお前らについて行くわ。
まあ、そんな感じだったよね、ドリボは。
 
(まとめ下手くそか)
 
 
 
 
【10月~3月】
  • 結果暇だった。
こんなに暇な半年を過ごしたのは初めてだと思った。実に暇クソ丸といった期間だった。まあそんな暇期間に起こったプチエピソードをチラホラまとめておこうか。
・10月、インスタ流出
これ…書くか迷ったんですけど…一応…。私の中でこの時の元はもう取り返したと思ってるけど実際のところは知らない。まあ活動に支障がないのであれば、今後気を付ける方向で頑張ってくれればいいなと思っている所存である。しかしこれをきっかけにインスタを初めてみたが未だにどうも楽しさが掴めていない。なんだろう、おかげで自分が写真にとことん興味が無いことを痛感してしまった。これも自担のおかげ(飛び火)
・11月、ガムシャラに出まくる
・12月、ガムシャラに出まくる
テレビタレントと化していた期間である。
・1月、ロスに旅立つ
安井くんがいない日本なんてルーのないカレーだ。もはや米だ。アメリカや。とノリツッコミするくらい暇だったことを思い出した。かなり暇だった。
・はぎやす連番
ジャニワの話。個人的な話をすれば私は過度の京安萩厨なので「はぎやすできょもちゃん見に行ったん?!」と沸いたがそんなお花畑な話は誰にも言えていないのでしれっとここに記しておく。これだから恥ずかしい。
・2月、ジャニタレでスーベニア観劇一番手
ぶっちゃけ行くと思ってなかったから行ったことの衝撃も強いし行くの早いしで頭が混乱した。この調子で今年こそエリザベートまで足を運んでくれるとこちら的にもハッピーハッピー(誰目線)
・3月、ユニット結成
Love-tune、らぶとぅーんって読むらしいよ。とぅーんって…マリオのジャンプ音かディズニーランドのナンバーワンハイカラゾーンかKATーTUNでしか聞かない音だよ?(そんなことない)
はぎやすさなみゅの4人ということでね、まあいろいろ思うことはありましたけど、何はともあれ転機のひとつにはなったかなと思います。当たり前か。
ところでこいいはなしなのでしょう?いいはなしなのでしょうかいい話なのでしょうか??
・親知らず抜いてた
ただただ腫れ方のやばさに自分が抜くのを躊躇い始めさせられたビジュアルだった。
 
 
 
【4月】
  • らじらーサタデー!
新年度に自担、ラジオのレギュラー番組持ってきたんすよぉ!!かっこよくなーい?!仕事いっぱいあるんだけどって現場無な時期の発表だっただけあってめっちゃ、飽きるほど「安井担タノシー」って言ってた気がする。発表されたものをまだ何も体感してない時期に「タノシータノシスギルヨー」って言い過ぎてちょっと今後の人生を不安視するくらいにはめっちゃ嬉しかった仕事のひとつですね。
喋りがお上手で…あと高橋優斗くんとのコンビもいい感じで初回からもう印象がハー最高な番組だわだった。毎週楽しくて仕方ない。
しかしらじらーは「この回が一番だったな!」とランキングに出せるほど一回一回の放送の記憶が特に残ってないので今回のベストオブらじらーはスルーさせていただく(ごめんな)
ただひとつだけ、めっちゃ記憶に残ってるのは安井くんが鎖骨触られた時(初回放送)の声。
「だあ〜~~~ハハハハハッ」
この日からゆうぴーに一目置くようになったのだ。
 
 
 
【5月】
  • ジャニーズ銀座2016<5/6,21,22,31>
初のユニットを背負った公演ということで、気合いが入るというようなことを女性セブンでおっしゃっていたような気がする。そうだよねえ、私も力入ったわあ…!
マジ休みとるの必死に頑張った。「いいです最悪休まなくて、せめて早退させてください頼みます一生のヤツ使いますよこれマジで」って。マジハッピーだった。まあここで、もうおわかりでしょうがベストオブクリエの発表です。
 3位「LET'S SING A SONG
七五三みのあるタキシード姿で登場した安井くんの挨拶から始まるラスト。ここの挨拶がエモかったことは言うまでもない。このエモさに包まれた会場で、そのまま始まるれっしんはちょっとうるっとするような、なにか心に届かせるようなパフォーマンスだったと思う。
少なくとも、私の胸には響きました。
2位「モロササイズ」
モロササイズが今年もできた喜びはとても大きかった!!やっぱり考案者安井くんがモロササイズを全力で楽しんでいる姿は安井くんのジャニーズ生活の中でもトップに入るくらい大好きなお仕事ですね!!愛はたからーもーのー♡なんてもうベリーベリーキュートです。ラブドックスも含めサイコーにかわいかったです。4年目も絶好調でした。
1位「らぶとぅんとぅん!」
こんなに難しいレスポンス強要されたの初めてでしたし、いや、、なんで裏打ち??????と疑問に思ったのは私だけではないはず。え、あ、お?とか言いながらやってたおかげでさなじいのときは気付けば置いていかれてたっけ。ちゃんと声を出せたのは安井くんの時だけだった…ごめんな…コツを掴んだのはもりみゅーさんからなんだあ…
けどこういうのできるの楽しいですね!ラブホリ以外というか、オリ曲でもこのらぶとぅんとぅんができるようなリズムの曲が作れたらいいなあと思いました。いつでもやりたい\らぶとぅんとぅん!らぶとぅんとぅん!/

…というわけでね。そもそも初日の4人公演を見れなかったので大変損した気分ではおります。が、7人のLove-tuneさんの見せてくださった公演も大変素晴らしく大変エモい最高にキラキラ輝いた公演でした。早くまたこの人たちのエタマイが見たくてたまりません。あとみゅうたろうのYes!ですね、見せてください。
 
 
 
 
 
  • ホーンテッドキャンパス公開<7/2>
というわけで無事に公開された映画!これの見どころを、主観のみでネタバレしない程度にしれっとステマしておこうと思う。映画は見に行くつもりじゃなかったけど…という人の興味をそそれたら俺の勝ちな。いくぞ?ベストオブホーンテッドキャンパス~!
第3位「行ってみよう!」
これは森司が入部して初めてのお客さんの時のセリフなんですけど、ちょっとしたアイテムを手に入れたお店に行くのを嫌がる森司に対してテンポよく発した言葉ですね。この発音といい表情といい、すげー楽しそうなんですよ部長。ああ、この人本当にオカルト好きなんだなあって思いました。演者は苦手なのに。
第2位「迎えに行ってくる~♪」
こっちは降霊会の時に、この会の主役がやってきた時のセリフです。これまた楽しそうにルンルンと迎えに行くわけですが、まあ楽しそう!本当に楽しそう!そんなに可愛い笑顔を見せてくれるならわたし幽霊になって貴方に取り憑くわっ!て思っちゃうくらい楽しそう。これはすごく見所のひとつですね。
第1位「むり~!むりぃ~~!」
これは本当に、安井くん演じる黒沼部長の一番の名シーンじゃないでしょうか。いいえ、ホーンテッドキャンパスの名シーンといっても過言ではない。部長が打ち上げられる時の泣きべそなんですが、これが本当にいい味出てる!マジでいいキャラ!これを「安井くんは頼れるJr.のまとめ役!」と思っている全ジャニーズJr.に見ていただきたいシーンです(もはや誰)いいなあ~このキャラ!いい役貰った!本当に最高!私の一番好きなシーンです!
 
これで興行収入云十億間違いなし!(私の力では)(無理)
みんな見てね!面白いよ!
 
 
 
という1年でした~~~~~~~!!!!!!
暇な時でもなんだかんだ「安井担楽しい」って言ってたから安井くんも楽しい人生だったと思う(黙れ)
 
 
 
これからサマステキングダムも始まりますし、舞台「三婆」もありますし、まだまだ止まらないですね安井謙太郎くんの快進撃。
 
 
 
安井くんお誕生日おめでとうございます!
 
 
 
 
 
君と!
 
必ず!
 
デビュー後の景色見に行くと決めたから!!!
 
 
これからも応援し続けるね!!
 
 
 
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 
 
 
 
安井担タノシー!
 
 
 
 
改めて、おめでとうございました♡
 
 
 
 
 
 
 

安井担が萩谷慧悟をよく知らない友達に「萩谷慧悟は普通じゃない」という事案をプレゼンした話

 
 
 
 
ことの始まりは3月上旬。
 
 
私が「ちょっとこれを見て欲しい」と突然送った画像を楽しく観てくれた永瀬廉くん担当の人がいた。
 
ちなみにこれ。
f:id:pxys:20160312073801j:image
 
永瀬担「萩谷くんだけ高くない?」
 
からのこれ
f:id:pxys:20160312073854p:image
 
永瀬担「萩谷くんだけ違くない?」
 
 
別に撮れたタイミングの写真がちょっと面白おかしいとかそんな話をしたくて送った訳じゃないんだ、どちらかと言えばこの4人よくない?まじうちの自担は国宝かなにか?という、何を見ればそう思えるのかもわからないような漠然とした同意を求めようと思って送ったんだけど、なぜか勝手に萩谷慧悟に注目し始めた永瀬担。
 
永瀬担「なんか萩谷くんって面白いね」
 
そして私はその言葉に反応した。「面白い」
 
そうだよ?!?!?!?
面白いんだよ!
 
と思いながら送ったのがこれ。
f:id:pxys:20160312074348j:image
 
 
永瀬担「アッハッハッハッハッハ!!!!!!!!」(笑い声)
 
永瀬担「萩谷くんってクールで大人しい人だと思ってた」
 
 
私が安井謙太郎くんの担当を名乗りはじめてから早くも数日が経つ。もっと経つ。かれこれ何ヶ月、もっと経つ期間、シンメ担として見てきた萩谷慧悟という人間をクールで大人しい人だと思っているような人がいるということを知ったこの日、そんな固定概念を崩してやろうと私は試みた。
 
 
 
クールで大人しい?誰だそれは。
 
萩谷慧悟は普通じゃない」
                                                   Presented by 安井担。

 

はぎちゃんといえば突然何かが舞い降りてきては奇行に走るジャニーズ枠の人間だと思う。

中でもよく降ってくるのは「カメラ大好きマン」「そこで本気出す?!マン」の2パターンかと思う。これは私の独断と偏見だけれども。そのふたつを紹介しよう。

 

  • 萩谷カメラ大好きマン慧悟
趣味のひとつとして「カメラが好き」と言う萩谷くん。*1少年倶楽部を始めとしたテレビ番組では、そんな萩谷くんのカメラ愛がとても滲み出ている時がある。
 
f:id:pxys:20160312080626j:image
f:id:pxys:20160312080635j:image
f:id:pxys:20160312154145j:image
f:id:pxys:20160312080648j:image
 
永瀬担のコメント「こっちみんなwwww」
 
 
 
私は彼を「カメラ目線の帝王」と呼んでいる。*2
しかしそんな彼のために企画されたと言っても過言ではないであろう、ガムシャラの「カメラ目線運動会」
 
彼の結果はこれだ。
 
f:id:pxys:20160312161302j:image
 
わかります?!こういうところで本領を発揮できない愛おしさ!!!!!!!!!!!!!
 
ほんと!!楽しいな!!!!!
 
 
ちなみに萩谷くん、2016年2月放送の少クラ「Jr.にQ」のコーナーでは「カメラを見るの恥ずかしい」と語っていました。
 
よく言うよって感じッスね。
 
 
以下、私の大好きなNEVERまとめです。
よければお目を通してみてくださいませ。
 
 
 
  • 萩谷そこで本気出す?!マン慧悟
はぎちゃん、変顔では必ずと言っていいほど本気を出します。「変顔は変顔だよ」と、可愛いとかないからと言いきった日もあったとかないだとか。なんとか。
 
f:id:pxys:20160312081504j:image
 
安井謙太郎さんのコメント「方向性が違くない?」
 
変顔の方向性ってなんやねんwwwwwwww
 
また、2014年のクリエではヲタクの格好で本気を出しすぎてみんなに引かれるという事件も発生した。もはや天才と言っても過言ではない。
 
f:id:pxys:20160312081735j:image
 
愛おしい。
私は彼が本気を出すタイミングをイマイチ掴めていない。けど多分、そもそも彼に手を抜くという概念が特にないのだと思う。
 
f:id:pxys:20160312081833j:image
 
彼はとてもプロ意識の高い方だと私は思う。
 
 
 
 
これらを含め、何かが舞い降りた萩谷慧悟という人間はパギヤという神へと生まれ変わることがあるらしい。はじめてパギヤさんが覚醒したキスマイコン2013年5月は萩谷慧悟史に刻まれたXデーと言っても過言ではない。
 
 
私はパギヤさんの自己紹介を2回?かな?見たことがあるけれど、何だろうな、異常発生してる感はあるなと思った。だって真剣にやってるんだもん。さすがプロ意識の高い方のプロ根性、好きが止まらない。
 
安井くんも大好きなパギヤ。わかる。私も好きだ。
 
 
 
永瀬担「なんかちょっとやばい人なんだね」
 
ちなみにこの永瀬担の中でのやばい人といえば岸優太くんという人間がダントツトップだったようで、
 
永瀬担「埼玉ジュニアまじやべえ」
 
という、新たによからぬ固定概念を生ませてしまったことに関してとても反省している。以後、これを改善点としておこう。
 
 
 
永瀬担「いや~まじでイメージ崩れたわ~やってくれたわ~~」
 
 
それでも、違う意味で萩谷慧悟くんにハマってくれたこの永瀬担。そんな永瀬担お気に入りのはぎちゃんが、
 
f:id:pxys:20160312082216j:image
 
これである。「マジ元気出る」とのこと。
もはや吸い取られてるやん慧悟、立ち直れ慧悟。
 
 
 
 
今回この永瀬担に紹介したのはここまでですが、はぎちゃんはこんな一言で表せる人間ではない。(全然一言じゃねえ)
 
 
はぎちゃんはあの顔で靴間違えて突然叫ぶこともあるしズボンのチャック全開なこともあるから結構な沼だ。しかしいつだって真面目でまっすぐな人だから本当に憎めない男だ。真面目に靴間違えて真面目に叫ぶんだからたまに狂気と錯覚する。隅から隅まで気を抜かないことができない伝説の男・萩谷慧悟
これからも彼の生態を追求していこうと思う。
 
 
(続く)
 
 
※安井担の戯言です。詳しいことは萩谷担に聞いてください。
※ところでプレゼンしながら自担のシンメの凄さを痛感してしまった話はまとめるべきだろうか
 
 
 

*1:そういうカメラではない

*2:ぶっちゃけ呼んだことは1度もない

新しい道を歩きます

自担にユニットが欲しかったんだ。ジャニーズJr.として活動し始めて今年で9年目。周りはみーんなユニットを組み始めていて、同じ括りになっているメンバーにもグループに所属している人がいた。
それなのに、自担は生粋の無所だった。9年目になってもグループ処女で、公式のユニット名を貰ったことすら一度もない。

そりゃあ、焦った。こっちが。だってデビュー目指してっから。例え年齢が厳しくなっても、例え某週刊誌がとったアンケートの「デビューが厳しいJr.」で1位を取ってしまっても関係ねえって感じで、こっちは本気でデビューを目指してた。本人がそうじゃないとしても、こっちは本気でデビューして欲しいと心の底から思っていたんだ。



そんな身としては、去年新しく出来た同世代のグループが同じ有楽町で座長を務めているのにこちらはバックで仕事をしていることがムカつくほど悔しかったし、少年収でみんながグループ名で紹介される中で自担の括りは「ジャニーズJr.」だったことが心底辛かった。
同じ土俵に立ちたかったし、何なら追い越してやりたかった。あんな奴らに負けてられっか!という気持ちでいっぱいだった。そのためにまず必要なのが「ユニット」なのだと、私は思っていたから、ここ1年で耳にタコができるほど「自担にユニットがほしい」と周りに零していた気がする。うざかったか、ごめんな。



しかし、3月4日。ユニット名が貰えました。

Twitterを開くやいなやTLは「クリエ当落のでてる」。
そんな中現れた公式アカのクリエ宣伝ツイ。リンクを開けば自担の括りには名前がありました。隣にいた友達に「ねえ!待って!待って!待ってなにこれ!?!?!」と大発狂しながらスマホを見せたあとすっ飛ばしたことを多分3年は忘れません。嬉しくて、その場ではめちゃくちゃ嬉しかった。だって念願のユニットだから。正式に、公式に頂いた念願のユニットだから。

でも、じわじわときたんだ。
喜びをもやもやが襲いかかった。




ユニットが欲しい。その時いてくれたら嬉しいと思っていた人がいた。でも、いてくれるのは嬉しいけど余計なことを考えてしまうような存在もいた。また、いて欲しかったけどいなかった人もいた。ユニットができるって嬉しいことのはずなのに、ずっと望んでたはずなのに、そこにいない人がいるだけで素直に喜べない自分がいて。おめでとうという言葉の薄っぺらさを感じた。

私がこの時に言った「おめでとう」は、
自担の「グループが欲しい」という夢に対するおめでとうでしかなくて、
本当に本当に、ユニット全体に向けられて言ったおめでとうでもなければメンバーとなったみんなに対するおめでとうでもなかったんだ。最低だ、出来てもユニットごと好きになれなきゃ求めてた意味が無い。



欲張りなんだ。せっかく望んでいたものをもらえたのに不足分があると文句をブーブー言って。ひとつ与えれば「あれも欲しい、これも欲しい」と言い出して。神様はそんな私をめんどくさいと思ってしまうかもしれない。




だからもう卑屈になるのは辞めました。

新しい道ができました。なので、
新しい道を歩き始める事にしました。





自担・安井謙太郎くんにユニットができました。
名前は「Love-tune」です。

周りの友達はださいとか、似合わない人もいると言っていたけど(笑)私は結構ドツボです。LOVEと「ちゅ」が入ってる!めっちゃ可愛くないですか?!



賛否両論、いろいろ思うことはあるかもしれない。たかが4人なのに、みんながみんな他グループのメンバーとの絡みが異様に人気のあるやつしかいないからね~。4人とものファンに素直に喜べる人と喜べない人がいると思う。


でもそれすらも、嬉しいことだよね。
ああ、所詮他人である自担になにかひとつ決まっただけでこんなにもいろんな感情が入り交じるもんなんだ。
自担にひとつなにかが決まっただけでこんなにいろんな感情が生まれるものなんだ、結構好きなんだなーって。
それは自分もそうだし、周りの該当担を見ていても思いました。



私が安井くんに降りた時に思い描いていた未来とは少し違うけど、着実にデビューには近付いていると思っています。やっとみんなと同じ土俵に立てた、だからこれからメンバーと力を合わせて他のグループに肩を並べて目標に向かって駆け抜けていくし、なんなら越す。すのもすともトラジャも全部全部抜かしていくくらいの勢いで上り詰めてやろうじゃないか!他のグループの皆さんに宣戦布告します!誰にも負けません!!!!!

手加減しねえからな!!!!!





ここで思い描いていた未来がまた、
今後変わるかもしれないけど
その度に自担に与えられたものを好きになっていく。


ファンに見せたものを好きだと思わせることが
今後の自担の仕事だからね。
きっと安井くんなら出来ると思っているので、
私は全てを好きになると言い切ります。

卑屈なヲタクを覆らせてみろですわ!!!!!

これは、自担に対する宣戦布告です。へへ☆☆









改めて、
Love-tune おめでとうございます。